2017年07月09日

はじまった野菜三昧

DSC_0658.JPGDSC_0705.JPG
トマトがいまいち美味しくなーーい
posted by happo at 22:17| Comment(0) | 調理&食

2017年07月02日

初トマト

DSC_0602.JPG
キュウリはもうお馴染みだけど
トマトは今年初!
美味しくなかったけどー!
まだこれからです。
posted by happo at 20:59| Comment(0) | 調理&食

2015年07月18日

2015年7月18日 連休初日

朝から畑にかぼちゃの受粉をしに向かうも、ターゲットが少なく結局その他メンテとお馴染みキュウリの収穫を中心に。




海に立ち寄り帰ってきてランチは、卵以外は全て自作野菜でなりたつという幸せ!



卵もいつかは。。


posted by happo at 14:04| Comment(0) | 調理&食

2015年07月07日

2015年7月7日 梅干し、紫蘇投入

味噌ほど恒例ではありませんが、恒例化し、細々やっている梅干し漬け。
紫蘇を入れたことはなかったのですが、
今年は入れてみました。

近くのスーパーで買った湘南野菜シリーズの紫蘇を購入。
(単純に神奈川産なだけですが、、)

IMG_2337.jpg
葉っぱが緑のものは使わない、と書いてあるので、選別。
(表が紫、裏は緑、がたくさんありました。)

IMG_2339.jpg
アクを絞り出す。

IMG_2340.jpg
梅酢を投入。

IMG_2346.jpg
梅干しと合流。


梅干し本体は、全部で2キロ弱あります。
十郎梅1キロ弱だともの足りず、
和歌山の南高梅も、1キロ後追いで漬けており、2袋分のジップロック。


紫蘇は、梅1キロに対し、200グラムがレシピ分量ですが、
選り分けると、紫蘇は100グラム。
足りません。
1キロだけ紫蘇入りにしようかしらん、と思い、
和歌山用に作業をしました。

その後、青いからとはじいた紫蘇が50グラムほどだったので、
こちらを、ダメモトで、十郎梅に投入しました。
(十郎梅は、塩漬け時の梅選定が甘かったのか、
実が破けてしまったのがいくつかあり、梅酢も濁っています。
大丈夫なのかな、、と気になりつつ、実験的になっております。。
でも、、おいしくなると信じてます!よ。)


どちらも、梅蔵(*)で眠っております。

*台所の床下収納! またの名を味噌蔵。










posted by happo at 16:12| Comment(0) | 調理&食

2015年07月05日

2015年7月5日 今年の手前味噌

お待ちかね今年の手前味噌をオープンする日がやってまいりました。

仕込んだのは2/21。
麹違いの2種+大月の畑で自作した大豆の味噌1種の計3種。

IMGP2262.JPG

左から
練馬の味噌蔵「糀屋三郎右衛門」の麹Ver
こだわりの小野崎糀Ver
手作り大豆+小野崎糀Ver

練馬で仕込み、引っ越しを経て約5ヶ月ぶりのご対面。
年によって気温や麹、塩、大豆などそれぞれの違いにより
仕上がりが全く違うので今年はどうなっているか・・・

IMGP2264.JPG

じゃああああああん

IMGP2265.JPG

いざ開けてみるとそれぞれまずカビの生え方が違う。
しっかり密閉できていたものほどカビが少ないのは当然か。
今後はここが結構なポイントになりそうです。

IMGP2272.JPG

カビはこそげとり、全体を混ぜ混ぜして味見。
それぞれ味の落ち着き、馴染み具合がかなり違うように感じる。
でも、どれもまだ若干早いか・・と思うけどこれから気温が
高くなると一気に熟成が進んで味も色も濃くなってくるので
半分ずつくらいは引き上げてタッパーに移し冷蔵庫へ。
残りの半分はもうしばらく置いて熟成期間の違いを楽しむのだ。
容器の周りを焼酎で拭きとってラップをして再び味噌蔵(※)へ。
※台所の床下収納!

IMGP2266.JPG

違いレポートはまた別途。


posted by happo at 22:47| Comment(0) | 調理&食