2015年07月07日

2015年7月7日 梅干し、紫蘇投入

味噌ほど恒例ではありませんが、恒例化し、細々やっている梅干し漬け。
紫蘇を入れたことはなかったのですが、
今年は入れてみました。

近くのスーパーで買った湘南野菜シリーズの紫蘇を購入。
(単純に神奈川産なだけですが、、)

IMG_2337.jpg
葉っぱが緑のものは使わない、と書いてあるので、選別。
(表が紫、裏は緑、がたくさんありました。)

IMG_2339.jpg
アクを絞り出す。

IMG_2340.jpg
梅酢を投入。

IMG_2346.jpg
梅干しと合流。


梅干し本体は、全部で2キロ弱あります。
十郎梅1キロ弱だともの足りず、
和歌山の南高梅も、1キロ後追いで漬けており、2袋分のジップロック。


紫蘇は、梅1キロに対し、200グラムがレシピ分量ですが、
選り分けると、紫蘇は100グラム。
足りません。
1キロだけ紫蘇入りにしようかしらん、と思い、
和歌山用に作業をしました。

その後、青いからとはじいた紫蘇が50グラムほどだったので、
こちらを、ダメモトで、十郎梅に投入しました。
(十郎梅は、塩漬け時の梅選定が甘かったのか、
実が破けてしまったのがいくつかあり、梅酢も濁っています。
大丈夫なのかな、、と気になりつつ、実験的になっております。。
でも、、おいしくなると信じてます!よ。)


どちらも、梅蔵(*)で眠っております。

*台所の床下収納! またの名を味噌蔵。










posted by happo at 16:12| Comment(0) | 調理&食

2015年07月05日

2015年7月5日 今年の手前味噌

お待ちかね今年の手前味噌をオープンする日がやってまいりました。

仕込んだのは2/21。
麹違いの2種+大月の畑で自作した大豆の味噌1種の計3種。

IMGP2262.JPG

左から
練馬の味噌蔵「糀屋三郎右衛門」の麹Ver
こだわりの小野崎糀Ver
手作り大豆+小野崎糀Ver

練馬で仕込み、引っ越しを経て約5ヶ月ぶりのご対面。
年によって気温や麹、塩、大豆などそれぞれの違いにより
仕上がりが全く違うので今年はどうなっているか・・・

IMGP2264.JPG

じゃああああああん

IMGP2265.JPG

いざ開けてみるとそれぞれまずカビの生え方が違う。
しっかり密閉できていたものほどカビが少ないのは当然か。
今後はここが結構なポイントになりそうです。

IMGP2272.JPG

カビはこそげとり、全体を混ぜ混ぜして味見。
それぞれ味の落ち着き、馴染み具合がかなり違うように感じる。
でも、どれもまだ若干早いか・・と思うけどこれから気温が
高くなると一気に熟成が進んで味も色も濃くなってくるので
半分ずつくらいは引き上げてタッパーに移し冷蔵庫へ。
残りの半分はもうしばらく置いて熟成期間の違いを楽しむのだ。
容器の周りを焼酎で拭きとってラップをして再び味噌蔵(※)へ。
※台所の床下収納!

IMGP2266.JPG

違いレポートはまた別途。


posted by happo at 22:47| Comment(0) | 調理&食

2015年06月25日

メールテスト

とうもろこしも


ひまわりも


ちょうでっかくなり

キュウリとなすも収穫できた!




今の時期の畑は、毎日いっても変化があるらしいよ。
posted by happo at 18:50| Comment(0) | 調理&食

2015年06月22日

2015年6月13日 できそこない

はやくちゃんと大きいの獲れないかなあ

1434183843675.jpg

1434926681029.jpg
posted by happo at 07:45| Comment(0) | 調理&食

2015年06月19日

2015年6月19日 まだまだ。。

こんにちは。
ピンク色の花の名前を教えてもらい、
ひとつ物知りになった課長です。
ありがとうございます!

ねじばなネジバナ。
見かけ通りの素直な名前でいいですね。
インプットしました。

昨日の夜は、
畑ズッキーニのちびっこ(たぶん、受粉がうまくいかず、
おしりがぷっくりの変形さん)を
イベント風に味わったのでその画像を。。

IMG_2160.jpg
部長、憧れの焚き火台デビュー。
炭に火をつけ、野菜色々焼いております。

黙々と(でもたぶん、結構嬉しそうに)焼いているなと
思ったら、
「わ〜!!きてーーー!!」
部屋にいた課長に声がかかります。

嬉しいことに、オーディエンス登場とのこと。

画像の野菜の後ろの方の、
ミドリに茶色い丸いの、、みえるでしょうか。
アップにしましょう。

IMG_1253.jpg

びっくり。。
いつかのあの子のようです。。
はじめは、炭火台のうしろを横切って、どこかにお出かけの模様でしたが、
しばらくすると、戻ってきて
ま正面から、こちらをじーっとみておりました。
近づいてはこないものの、あまりに静止しているので
何か焼いたものを待っているのか?と私たちも見つめてみました。

この人たちは、何もくれないとおもったのか、そのうち、どこかに
行ってしまいましたが、、
きっと庭に住み処があるんでしょうね。
じゃがいもの時には、ひたすら怖かったですが、
今回、目と顔が怖くなかったので安心しました。
庭には先輩、後輩、ともだち??等色々いるようで、、
仲良くやっていきたいと思います。

肝心のズッキーニの味ですが、
買った黄色ズッキーニの方が水分もあり、味も良かったです。
そして、炭火調理にも、工夫と勉強が必要そうです。
(先にゆでた方が、野菜に甘みがでそうなものまで、焼いてしまった私たち。)
IMG_2161.jpg

まだまだな八方、、がんばろーとおもいます。











posted by happo at 12:29| Comment(0) | 調理&食