2015年06月16日

2015年6月16日 今年は小田原産、曽我の十郎梅

IMG_2124.jpg
梅干し漬けました。(これは課外活動では、、ない?)
今年は初めて、小田原産。

6月14日作業。
今日梅酢しっかりあがっています。
いたみ梅で少しだけジャムも。
1キロ弱なので、もう少しやりたい所。

ひとまず第一弾完了。
どの部屋で熟成してもらおうか考え中です。


posted by happo at 17:56| Comment(0) | 調理&食

2015年06月08日

2015年6月8日 課長の課外活動 再び

IMG_2065_s.jpg
新しょうがと同じタイミングで買ったのですが、
ついつい放置していた山椒の実。
先日、古くしてごめんなさいーーー、と思いながら
ようやく手をつけました。
枝から、ぷちぷちはずしていくと、山椒の香り。
地味で楽しい作業でした。

煮付けたり、ちりめん山椒をつくる事に憧れて買ったのですが、
煮た段階で冷凍保存しておき、ぬか床に使うのも良いと書いてあったので
いったん全て冷凍することに。

煮た後、水にひたす時間によって、ピリカラ度が変わります。
ぬか床用は、10分くらい。
煮る用は、1〜2時間くらい。
味をみつつ、しかるべきタイミングで水揚げをするのですが、
舌に残るピリカラのパンチ具合がすごかったです。
2時間でもピリピリ、それでも少しずつ、ピリピリ具合は抜けていくのが
なるほど、、の体験でした。


ぬか床に入れると、
防腐の役割と風味付けになるそうで
早速いれております。

煮る方は昆布があまったタイミングなどで一緒に
ちびちび使っていこうとおもいます。


posted by happo at 14:52| Comment(0) | 調理&食

2015年06月03日

2015年6月3日 課長の課外活動

IMG_1901.jpg
今が旬!
だそうなので
憧れのガリづくり!
昨日やってみました。

IMG_2050.jpg
レシピはウェブより。

甘酢の材料には、白砂糖、米酢をおすすめしていましたが、
うちにあった、洗双糖ときび酢にて。
少々こっくりな味になるのかな。

なるべく薄く切るのがポイント。
スライサーと切れ味のよい包丁とで仕上がりを比べると、味が違うので
包丁でがんばりたいところ、と書いてあります。
本当に違うのかな、、と思いながら、苦手作業に取り組みました。
少しだけスライサーバージョンも作りました。
漬けて2時間後から食べられるとのことで、早速食べてみると、
ちょっとピリっとしてなかなか。
しっかり漬かった頃の味見が楽しみ。
白砂糖でもつくってみたいなと思った次第です。

IMG_2048.jpg
こちらは、紅しょうが、ならぬ、、白しょうが??用に干しています。
新しょうがを、梅酢でつけて、紅しょうが。。
ですが、うちには、梅酢は白しかないので、
さきほど、白い梅酢で漬けました。

どうなるでしょう。


課外、、ではない活動報告をひとつ。
最近のミッションは、庭のコールラビの
青虫退治です。
葉っぱがおいしいらしく、小さい青虫の大群に襲われているコールラビ。
地道に、見つけては指でつぶしている、部長と課長でした。

では。



posted by happo at 12:57| Comment(0) | 調理&食

2015年05月27日

2015年5月27日 朝食に。

IMG_2013_s.jpg
庭より直送。
10秒で届きました!

アイスプラントです。
ちょっと塩気があり
ちょっと食感がしゃりしゃり、、
というような不思議な野菜です。

塩気はあまりなかったですが、瑞々しさがたっぷり。
部長によると、塩水をあげないと塩っぽくならないそう。
なるほど。。

苗を植えた直後は、くったりしておりましたが、
最近は元気。
まだご紹介が半端な庭野菜ですが、
部長の朝の見回りにて、諸々順調です。
(失敗の発見含む。)
IMG_2020_s.jpg
見回りといえば、
この方も、しっかりみてくれてます。
今日は、洗濯物をとりこむ夕方に。
しばらくして、みたら、まだいらっしゃる。
嬉しくて写真を撮ろうとしたら、パチリの瞬間に
ポージング。
さすが先輩!

相変わらず、ぶれていてゴメンナサイ!
これからもあきれずポーズしてくださ〜い。長めに。



posted by happo at 17:24| Comment(0) | 調理&食

2015年05月15日

2015年5月15日 うちの涼

暑さ続きなので、
うちのヒンヤリ?日蔭シリーズのご紹介。
image.jpgimage-17b22.jpg
山梨のドクダミ
女子父刈取り。
空家の日蔭の庭で気持ちよさそうに
ぐんぐん育っていたドクダミをもらいました。
お茶か化粧水、入浴のお供あたりにチャレンジ予定。

裏庭のフキ
食べてみようかと思いながら
そのままでしたが、近日中にとってみ
ます。

なぜなら、山梨大月の竹やぶで頂いたフキの葉っぱが、おいしかった!
から。


image-c9a45.jpg
フキの葉っぱの佃煮

葉っぱは、3、4回煮こぼす、など下処理が大変ですが、頂いた当日に男子ががんばっておりました。
香りつよく、絶品でした。


posted by happo at 16:51| Comment(0) | 調理&食