2015年02月09日

2015年2月8日 番外編:畑仕事のない冬はカレーを

全く畑とは関係ないけどメモ代わりに。

以前より、市販の固形ルーのカレーももちろん好きですが
スパイス調合からやってみたいと思っていました。

自分で各種スパイスを購入して、というのが理想ですが
まずは初心者らしくセットを購入。

IMGP1788.JPG

20種のスパイスすべてを混ぜて炒めつつ・・・

IMGP1790.JPG
IMGP1793.JPG

その間に、にんにく、生姜、玉ねぎをこちらもじっくり炒める。
最後にトマトも投入。

IMGP1800.JPG

本当はスパイスは上記の状態から数日間寝かせた方が
味が落ち着き美味しいらしいですが今回は待ちきれないので
直ぐに調理します。

色々なレシピが出回っていますが僕が今回注目したのは
カシューナッツを茹でてさらにミキサーでペースト状に
したものを入れるレシピ。

IMGP1794.JPG

これがコクを生んでくれるに違いないと信じて・・

これら全て+トマト缶を混ぜたものに下味を付けた鶏肉を入れ、少し煮込む。
最後に追加のカレー粉+塩等での味付けをして完成。

IMGP1807.JPG

GABANの公式レシピでも、その他ネット上のレシピでも
最後の味付けとしてチキンブイヨン的なものを使っています。

せっかくここまで手作りなのに結局そういうの入れちゃうのかあ・・
というのが悔しくて、以前作って冷凍してある自家製鶏ガラスープを
使ったのですがどうしても味が決まらず、パオを少し使ってしまいました。

あとは常備しているコリアンダー、クミンシードを香り強化のため、
また一味唐辛子を辛さ追加のため調合。

結果、辛いというよりはスパイシーな本格カレーが出来ました。

次の課題は、最後の旨味調整を化学調味料ナシにすること、
そしてスパイスの配合を好みに仕上げること。

これは奥が深いなー!!

ーー今回の配合ーー
カレー粉:大さじ2+最後に大さじ1
にんにく、しょうが:各1かけ
玉ねぎ:大1個
トマト:中1個
トマト缶:3/4缶(300g)
カシューナッツペースト:カシュー50g+牛乳適当に
水:1カップ弱(全体濃度調整)
味付け調味料:自家製鶏ガラx1、塩x大さじ1、パオx小さじ1
その他追加調味料:コリアンダー、クミンシード、黒胡椒、一味


posted by happo at 12:24| Comment(0) | 調理&食

2013年02月17日

2月17日 大豆加工食品製造ほか。

どうも、僕です。

先日のうちで採れた大豆加工のための麹準備での
予告通り、この週末では年に一度の大イベント、味噌仕込み大会が実施されました。

年に一度といっても去年はやってないので、2010年、2012年と過去に2回
実施しているのみですがまずは過去の実績からご紹介。

IMGP1529.jpg

左が2010年の麦味噌、右が2012年の米味噌。見た目通り、
左はパンチあります。初めての自家製でしたが僕は出来れば遠慮したい
出来栄えで、そのせいもあり3年たった今も未だ在庫があるという状態です。

右はまろやかで優しい味で美味しい。こちらは大事にちょっとずつ
食べてきたけどあと1口でなくなろうとしています。

3回目にして僕は初参加の味噌作り大会。果たして成功するのか!?


手順1:1晩水に浸した大豆を柔らかくなるまでアクを取りながら煮る。 
 結構何時間かかかっちゃってその間ヒマです。

IMGP1518.jpg



そして次の手順は・・・続きをみてみましょう。↓↓


続きを読む!!!
タグ:味噌 大豆
posted by happo at 22:14| Comment(0) | 調理&食

2013年02月14日

2月14日 なんとか甘酒。

できました。
IMGP1509a.JPG
淵のあたりや、淵の上の方についていた粒っこ達は
保温しすぎて黄色くなったりしてしまいましたが。。
味は、しっかり甘く、いい感じです。


100gずつに分け、3つほど冷凍し、
のこりは、冷蔵庫に入れてみました。

塩糀の方は、糀が水をたくさん吸ったようで、
日照り危機一髪だったので、水を追加。
調べた所、冬の常温で、部屋が寒すぎると発酵に時間がかかるそう。
昨日置いた場所(北側の部屋)だと、どうも寒すぎるようなので
台所に移動。
(練馬のこのうちは、本当に北部屋が寒い。。西荻の時は、
一番寒い場所の、北の玄関も、あたたかかったので、違いにびっくりです。
じゃがいも、みかん置き場として大変重宝。みその発酵にももってこい、です。
たぶん。)













タグ:
posted by happo at 12:11| Comment(0) | 調理&食

2013年02月13日

2月13日 畑の大豆の出番、いよいよ今週末に。

秋に畑でとれた、
大変少ない大豆
今年のみそづくりに、混ぜ込もうと思います。

いつも(といってもまだ2回しかやったことがない、、)、
一人黙々と、大豆をつぶす私ですが、今年は
助っ人週末に現る、ことになりましたので、
週末に向けて材料調達をしています。

今日は予約していた生糀をとってきました。
今年はじめて行ってみたお店、練馬の手作りみそ屋さんのもの。
都内唯一の、みそ蔵だそう。
IMGP1507a.JPG

頼んだ糀は、約1キロ。
重さではなく、1枚という単位で売っているそうなので、
1キロ強になるよう、4枚。

みそ用には、700g使うので、
残りは、違うことに使います。
こういうとき、つい後回しにする私ですが、今日は
下記作業を進めました。

●みそ用 700g
塩と糀をまぜる、塩きりという作業をしました。
(糀の発酵が止まるそうです。週末までひと休み)

●塩糀用 200g
塩とミネラルウォーター、糀を混ぜて、常温に放置しました。
1週間から10日で完成予定。

●甘酒用 170g位
おかゆを炊いて、糀と混ぜて、8〜10時間保温。
うまくいけば、明日朝にはできるはず。
いま、炊飯器で保温を始めました。
炊飯器のスイッチを時々切ったり、蓋をあけたりして、
温度を調整します。
作業終了時間を考えずにやってしまったので、
寝るときに困りそうです。

糀がうまく働く温度50〜60度まで、おかゆをさますところで、
温度計がないので、自分の指の感覚を頼りにしました。
2、3秒指を入れておける位の温度だそう。。
前はうまくいったのですが、
今回はちょっと冷ましすぎた気がします。
うまくいきますようにーー。


ということで本日は、糀作業のご報告でした。
さて、夜ごはんつくらねば。


タグ:味噌 大豆
posted by happo at 19:18| Comment(0) | 調理&食

2013年02月12日

2月12日 畑以外の野菜ごと。

やらねば、と思いながらずーっとほっておいた
冷蔵庫の野菜案件2つに、いまとりかかっております。
どちらも、自家製にしたはいいが、
味がいまいち(または、ひと作業残してる。)もの達です。

ちょっと、渋めの案件です。


●梅干し(2011年もの)
いまいちポイント:皮が固いのと、しょっぱくて旨みがあまりない。
改善策:塩抜きをして、かつお梅か、はちみつ漬けにする。
IMGP1501a.JPG
→ひとまず、塩抜き中。(明日まで、時々水を替えつつ、いい所で水揚げ。)

●らっきょうの塩漬け(2012年もの)
ひと作業ポイント:カレーのお供の甘酢漬けがなくなりそう。
塩漬けのままのものを、甘酢漬けにする。
作業内容:塩漬けらっきょうを水洗いし、しばらくかわかす。
漬け液を沸騰させて、さましておく。
IMGP1500a.JPG
→しばらくベランダに。そろそろつけよう。


話変わりますが、
今日のおやつは、
冷凍庫に眠っていた、抹茶八つ橋(あんなし、正統派?!)に、
黄粉たっぷり、
だったので、なんだか気分は、すっかりおばあちゃんです。


posted by happo at 17:54| Comment(0) | 調理&食