2013年02月14日

2月14日 なんとか甘酒。

できました。
IMGP1509a.JPG
淵のあたりや、淵の上の方についていた粒っこ達は
保温しすぎて黄色くなったりしてしまいましたが。。
味は、しっかり甘く、いい感じです。


100gずつに分け、3つほど冷凍し、
のこりは、冷蔵庫に入れてみました。

塩糀の方は、糀が水をたくさん吸ったようで、
日照り危機一髪だったので、水を追加。
調べた所、冬の常温で、部屋が寒すぎると発酵に時間がかかるそう。
昨日置いた場所(北側の部屋)だと、どうも寒すぎるようなので
台所に移動。
(練馬のこのうちは、本当に北部屋が寒い。。西荻の時は、
一番寒い場所の、北の玄関も、あたたかかったので、違いにびっくりです。
じゃがいも、みかん置き場として大変重宝。みその発酵にももってこい、です。
たぶん。)













タグ:
posted by happo at 12:11| Comment(0) | 調理&食

2013年02月13日

2月13日 畑の大豆の出番、いよいよ今週末に。

秋に畑でとれた、
大変少ない大豆
今年のみそづくりに、混ぜ込もうと思います。

いつも(といってもまだ2回しかやったことがない、、)、
一人黙々と、大豆をつぶす私ですが、今年は
助っ人週末に現る、ことになりましたので、
週末に向けて材料調達をしています。

今日は予約していた生糀をとってきました。
今年はじめて行ってみたお店、練馬の手作りみそ屋さんのもの。
都内唯一の、みそ蔵だそう。
IMGP1507a.JPG

頼んだ糀は、約1キロ。
重さではなく、1枚という単位で売っているそうなので、
1キロ強になるよう、4枚。

みそ用には、700g使うので、
残りは、違うことに使います。
こういうとき、つい後回しにする私ですが、今日は
下記作業を進めました。

●みそ用 700g
塩と糀をまぜる、塩きりという作業をしました。
(糀の発酵が止まるそうです。週末までひと休み)

●塩糀用 200g
塩とミネラルウォーター、糀を混ぜて、常温に放置しました。
1週間から10日で完成予定。

●甘酒用 170g位
おかゆを炊いて、糀と混ぜて、8〜10時間保温。
うまくいけば、明日朝にはできるはず。
いま、炊飯器で保温を始めました。
炊飯器のスイッチを時々切ったり、蓋をあけたりして、
温度を調整します。
作業終了時間を考えずにやってしまったので、
寝るときに困りそうです。

糀がうまく働く温度50〜60度まで、おかゆをさますところで、
温度計がないので、自分の指の感覚を頼りにしました。
2、3秒指を入れておける位の温度だそう。。
前はうまくいったのですが、
今回はちょっと冷ましすぎた気がします。
うまくいきますようにーー。


ということで本日は、糀作業のご報告でした。
さて、夜ごはんつくらねば。


タグ:味噌 大豆
posted by happo at 19:18| Comment(0) | 調理&食

2013年02月12日

2月12日 畑以外の野菜ごと。

やらねば、と思いながらずーっとほっておいた
冷蔵庫の野菜案件2つに、いまとりかかっております。
どちらも、自家製にしたはいいが、
味がいまいち(または、ひと作業残してる。)もの達です。

ちょっと、渋めの案件です。


●梅干し(2011年もの)
いまいちポイント:皮が固いのと、しょっぱくて旨みがあまりない。
改善策:塩抜きをして、かつお梅か、はちみつ漬けにする。
IMGP1501a.JPG
→ひとまず、塩抜き中。(明日まで、時々水を替えつつ、いい所で水揚げ。)

●らっきょうの塩漬け(2012年もの)
ひと作業ポイント:カレーのお供の甘酢漬けがなくなりそう。
塩漬けのままのものを、甘酢漬けにする。
作業内容:塩漬けらっきょうを水洗いし、しばらくかわかす。
漬け液を沸騰させて、さましておく。
IMGP1500a.JPG
→しばらくベランダに。そろそろつけよう。


話変わりますが、
今日のおやつは、
冷凍庫に眠っていた、抹茶八つ橋(あんなし、正統派?!)に、
黄粉たっぷり、
だったので、なんだか気分は、すっかりおばあちゃんです。


posted by happo at 17:54| Comment(0) | 調理&食

2012年12月11日

12月11日 レモングラス(小)祭り

畑で雑草のごとく、元気に茂っていたレモングラス様。
畑だど寒すぎるらしく、冬は越せないといいます。
タイ担当の方が、越冬用に株を切り取りました。
葉っぱもたくさん収穫したので、その日の食卓はレモングラスメインになりました。

RIMG0021a.JPG

レモングラスのスープ。
太い茎がたくさん入っています。
右奥のお皿は、取り出したレモングラスを入れるお皿。
パンチがある味で、タイを思い出します。
(タイで、現地のホテルの方に教えてもらったタイ料理屋の、鍋を真似ています。
具材より明らかに多い、驚きの大量のレモングラスがその鍋には入っておりました。
衝撃のパンチある味で、レモングラスという植物を認識した体験でした。)

豚とキャベツのレモングラス炒め
こちらはスープに比べると、レモングラスパンチは控えめになりました。
量は、どう見ても2人分ではありませんでした。


食後はレモングラスのお風呂に入りました。

あ!
お茶もレモングラスティーにすればよかった。。


RIMG0022a.JPG
こちらが、今日からぬくぬくしつつ、春を待つ彼らです。
これ、全部植えたら、来年は、畑一面レモングラスになってしまう。
くわばらくわばら。



posted by happo at 17:32| Comment(0) | 調理&食

2012年06月10日

2012年5月6日 実食。

順番は前後しますが、初めてとれた大根を食したところ。

実はそのまま食べたり(小さいし1本だけだし寂しいのはご愛敬)、

IMGP2907.JPG

葉っぱは雑炊に入れたり、

IMGP2929.JPG

甘辛く炒めたり。

IMGP2985.JPG

なんだか、買ってきたものよりも味がしっかりするような
気がして不思議。


タグ:30日大根
posted by happo at 22:13| Comment(0) | 調理&食